top of page

涼風亭記

俵山温泉は江戸時代に毛利のお殿様が湯治に訪れています。3代藩主毛利吉就候が来られたときに、侍講を務めた萩の儒学者山田原欽が、「涼風亭記」という俵山温泉を褒めたたえた文章を贈っており、その前文が石碑として街の湯のそばに建てられています。俵山は景色も温泉も最高だよというようなことが書かれています。現在の涼風亭は白猿の湯の横にあるレストランですが、当時は町の湯の上にお殿様のお茶屋として建てられていました。


最新記事

すべて表示

福岡と長門が結ばれます。

福岡と長門(湯本温泉、センザキッチン)を結ぶ直通バスが7月から運航されることとなりました。俵山も福岡からのお客様が多くいらっしゃいます。この便を活用してお客様の誘致に取り組む必要がありますね。 博多と山口県長門市を結ぶ西鉄高速バス路線「福岡〜長門湯本温泉線」が新設されます(7/1運行開始) | 山口県長門市観光サイト ななび (nanavi.jp)

Comments


bottom of page